1月
トピックス 一覧ページへ

重要 新型コロナウイルス感染症拡大防止に関する東大寺各諸堂の対応

東大寺では、「新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言」の解除に伴い、令和2年6月1日(月)より大仏殿の拝観を再開、令和2年6月15日(月)より諸堂の拝観を再開しております。拝観再開にあたり、ご参拝の皆様には以下のご協力をいただきます。

■アルコール消毒液による手指の消毒
■廻廊・堂内でのマスク着用
■他の参拝者及び東大寺職員等との距離の確保
■柱のくぐり抜け・手水舎・賓頭盧尊者・絵馬・線香・ろうそくの使用或いは接触停止

加えて、以下の措置により、三密を避ける形でお参りいただきます。
■拝観時間の短縮
■一時間当たりの堂内(廻廊内)拝観者数の制限
■最大限の換気

拝観変更内容につきましてはこちらをご覧ください。
cl.both

経本『大方廣佛華厳経(抜粋)』のお求めについて

この度、大仏殿内霊名所にて大方廣佛華厳経(抜粋)が載った経本をお求め頂けるようになりました。
華厳宗所依の経典である『華厳経』の「入法界品」は求道者である善財童子が文殊菩薩の導きにより、真理を求めて五十三の[さまざまな立場の]善知識(仏の道を説き導いてくれる人)を訪ね遍歴し、普賢菩薩行の境地に入って行く物語が説かれています。
その「入法界品」の末尾には「普賢行願讃」と呼ばれる章句があり、主に普賢菩薩の行願(何かを成し遂げようとする誓願)を十に要約したものが説かれています。
※その十とは「諸仏を礼敬すること、如来を称讃すること、広く供養を修すること、業障を懺悔すること、功徳を随喜すること、転法輪を請うこと、仏の住世を請うこと、常に仏に随い学ぶこと、恒に衆生に順うこと、普く皆を廻向すること」である。
また『如心偈』は『華厳経』の「夜摩天宮菩薩説偈品」に書かれてあり、華厳経の髄とも言える部分となっております。 その中の「心佛及衆生 是三無差別 諸佛悉了知 一切從心轉」という言葉は、心と仏と衆生のこれら三つに差別はない。この世の一切は心から立ち現れるのだと諸仏はあますことなく了知されている。この世の全ては自身の心から出来ているの様な意味となるでしょうか。


これらのお経は東大寺の日々の勤めの中でも読誦され、現在、毎日正午より大仏殿にて新型コロナウイルスの早期終息と、物故者追福菩提を祈るため行っている法要でもこの『華厳経』偈文と『如心偈』を読誦しております。お手に取って読誦していただければ幸いです。
cl.both

指図堂閉堂のお知らせ

閉堂期間:令和4年1月13日(木)~1月31日(月)
拝観再開:令和4年2月1日(火)
令和2年より実施している改修工事に伴い、上記の期間で指図堂を閉堂いたします。閉堂期間中、御朱印は東大寺寺務所(本坊)にて対応いたします。(東大寺寺務所の場所は境内案内図にてご確認ください。)
拝観再開しましたら、法然上人(画像)は指図堂東側の建物(庫裡)にて安置されますので、そちらでお参りしていただけます。しばらくの間、ご迷惑をおかけしますがご理解いただけますと幸いです。
cl.both

令和3年度『東大寺“細”発見』配信開始(R4.1.13)

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、令和3年開催の「東大寺“細”発見」は現地開催を取りやめ、動画配信することになりました。上司教学執事による境内散策をバーチャルで体感していただけます。新しい東大寺を発見していただけると思いますので、ぜひ東大寺公式YouTubeよりご覧ください。
cl.both

東日本大震災物故者慰霊と被災地復興への祈り
~併せて疫病流行の終息を祈って〜

2011年の東日本大震災発生以降、鶴岡八幡宮と東大寺は宗教の垣根を越え、犠牲となられた多くの御霊の安らかならんことと、一日も早い被災地の復興を祈り、合同の祭事・法要を毎年行っております。令和3年は11月23日(火・祝)17時より、新型コロナウイルス禍の状況を鑑み、昨年同様、鶴岡八幡宮・東大寺の2箇所から、時間を同じくして祭事・法要を実施し、皆様と心を一つにして共にお祈りいたしました。 当日のリモート動画は以下のバナーまたはQRからご覧いただけます。
cl.both

令和3年「東大寺寺子屋~私の大仏さまを届けよう~」作品公開

コロナ禍の夏休み、法話動画をご覧いただいた子ども達が思い思いに描いた「大仏さまの絵」が、全国より300点以上寄せられました。8月23日(月)にはこれらの絵を大仏さまに奉納し、無病息災のご祈念を込める法要をお勤めし、「ご尊影お守り」の形にして子ども達の許にお返ししました。 それぞれに素敵でユニークな「大仏さまの絵」が寄せられましたが、この素晴らしい作品を、東大寺の者しか見ることができなかったのは大変もったいない、多くの人々に是非ご覧いただきたいとの思いから、作品をWeb上のギャラリーで公開することといたしました。
「大仏さまの絵」作品はこちらからご覧ください。公開期間:~令和4年3月末まで
また本年度の寺子屋記録短編動画もこちらからご覧いただけます。
cl.both

「秋夜の奈良旅(令和2年度)」大仏殿奉納演奏映像公開

令和2年11月、東大寺では奈良市観光協会主催の「秋夜の奈良旅」に協力し、毎週金曜日に大仏殿の拝観時間を延長して、新型コロナウイルス終息祈願法要と大仏様への奉納演奏を行いました。その奉納演奏の様子を東大寺公式Youtubeにて公開しておりますので、ぜひご視聴ください。 なお、令和3年は拝観時間の延長は行っていません。
公式Youtubeはこちら
■チェリスト 舟木真菜
■ ソプラノ歌手 高橋薫子・メゾソプラノ歌手 波多野睦美・ピアニスト 辻ゆり子
■ヴァイオリニスト アテフハリム・ピアニスト 辻ゆり子
■笛奏者・作曲家 森田梅泉
cl.both

東大寺ミュージアム開館10周年の展示について

令和3年10月10日で東大寺ミュージアムは開館10周年を迎えました。それを記念して以下の展示を行っております。どうぞご拝観下さい。
■執金剛神模刻像
本年3月27日に東京藝術大学大学院文化財保存学保存修復彫刻研究室からご寄贈いただきました「執金剛神模刻像」2躰(復原彩色を施した塑造と現状彩色を施した乾漆造)を公開します。現代の仏師たちが、奈良時代の先学たちと向き合い完成させた令和の仏像をお参りください。詳細はこちらをご覧ください。
令和3年10月1日(金)〜 令和4年3月21日(月・祝)
cl.both

新型コロナウイルスの早期終息と罹患された方々の早期快復、並びに感染により亡くなられた方々の追福菩提を共に祈りましょう

東大寺では毎日お昼12時から大仏殿壇上に於て、新型コロナウイルスの早期終息と罹患された方々の早期快復、並びに感染により亡くなられた方々の追福菩提を祈る勤行を令和2年4月1日から開始致しました。僧侶が交代で『華厳経』偈文と『如心偈』を唱えます。皆様におかれましても、感染予防には重々ご留意いただくとともに、その時間に気持ちを合せて共にお祈りいただければ幸いです。 華厳宗管長・第223世東大寺別当 狹川普文



新型コロナウイルスへの感染が広まっておりますが、東大寺では日々の法要などを通して、罹患された方々の快復と感染の一日も早い終息をお祈り申し上げております。参拝を検討されている皆様方には、関係行政機関等による予防対策についての情報・告知に十分留意されますとともに、ご自身の健康管理にはくれぐれもご注意いただきますよう、切にお願い申し上げます。尚、新型コロナウイルス感染に関連して東大寺主催の行事・催事などを中止・延期せざるを得ない事態が生じた場合は、本HP上にてお知らせいたします。

<Regarding measures to the novel coronavirus (COVID-19) infection>
The novel coronavirus infection is spreading in the world. At Todaiji Temple, we sincerely pray for the recovery of the affected people and the early end of the infection through daily Buddhist services. Those who are considering visiting Todaiji Temple should pay full attention to the information and notification of preventive measures by the relevant administrative agencies and take care of your own health administration. If we have to cancel or postpone any ceremonies and events at Todaiji Temple in relation to the novel coronavirus infection, the latest information will be notified on this website page.Thank you for your understanding.
cl.both

東大寺公式Youtubeにて狂言&音楽 『日本から世界に向けて』『祈りと希望の夕べ』期間限定配信

4月に東大寺大仏殿から無観客配信され、BS-TBSで先日放送された狂言&音楽『日本から世界に向けて』と『祈りと希望の夕べ』を期間限定で東大寺公式Youtubeにて配信いたします。(FM大阪のサイトにて配信されているものと同じです)
こちらよりご視聴いただけます。ご覧いただき、心穏やかな日々をお過ごしください。
配信期間:令和3年7月16日~令和4年7月15日
cl.both

「第36回 東大寺文化講演会」~孝謙・称徳天皇を偲んで~

東大寺文化講演会は、毎年5月に有楽町朝日ホールで開催してきましたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、動画で配信することになりました。孝謙天皇は53歳にて崩御され2020年が1250年の御遠忌に当たります。それに合わせて「天平の女帝 孝謙称徳 ~皇王の遺し文~」の著者である玉岡かおる氏に、あまり知られることがなった孝謙天皇について、わかりやすくお話ししていただきました。ぜひ東大寺公式YouTubeよりご覧ください。
cl.both

YouTube東大寺公式チャンネルにて令和3年修二会お松明・堂内での行法の映像公開(R3/4/23更新)

令和3年二月堂修二会はご参拝者の密を避けるため、最終3日間は参拝を制限し、堂内や局(つぼね)での聴聞をお断りしました。その代わりに、映画監督の河瀬直美氏にお松明、及び二月堂内での修二会行法の様子を撮影して頂き、YouTube東大寺公式チャンネルにて生配信しました。そのアーカイブ映像を同チャンネルにて公開します。是非こちらよりご覧ください。
In order to prevent the spread of COVID-19 infection, visiting of Shuni-e rite at Nigatsu-do hall was restricted from March 12 to 14th, 2021. Instead, world-renowned film director Naomi Kawase filmed the Otaimatsu torch and the ritual in the hall, which was broadcast live on the YouTube Todaiji Temple official channel. This archived video can be watched on the same channel from here.
cl.both

戒壇堂の拝観停止と千手堂特別公開のご案内(更新R2/1/4)

東大寺戒壇院戒壇堂は保存修理及び耐震化工事のため、令和2年7月1日より約3年間拝観受付を一時停止しています。この間、四天王立像は東大寺ミュージアムにて拝観頂けます。文化財保護のため、ご協力をお願い申し上げます。
拝観停止となる戒壇堂に代り、通常非公開の戒壇院千手堂(戒壇堂西隣)を令和2年7月4日より特別に公開します。
■拝観:厨子入千手観音像・四天王像・鑑真和上像(いずれも重要文化財)ほか
■期間:令和2年7月4日~約3年間予定(但し2月15日~3月5日は拝観停止
■時間:8時30分~16時(毎月6日は法要後10時頃より)
■料金:600円(中学生以上)/300円(小学生)
千手堂の歴史につきましてはこちらをご覧ください。
cl.both

東大寺ミュージアム再開と動画配信

東大寺ミュージアムが令和2年7月23日より開館再開いたします。(開館時間は9:30~17:30)
開館後はミュージアム内で戒壇堂四天王像が拝観頂けます。
尚、新型コロナウイルス対応のため、音声ガイドの貸出は当分の間休止させていただきます。
In order to prevent the spread of novel coronavirus, audio guides are unavailable for the time being.
为了防止新型病毒扩散,暂停使用声音向导.

東大寺ミュージアムの紹介動画もこちらよりご視聴ください。
Please refer to the video from here introducing Todaiji Museum.
cl.both

写経・写仏申込について

東大寺では、本坊(南大門東側)に写経をしていただくための写経道場を設けております。ご利用を希望される場合は、あらかじめ東大寺寺務所写経係までお問合せ下さい。また、郵送での写経お申込みも受付しています。ご自宅にて写経や写仏をして、東大寺へお送り頂きましたら、8月7日(毎年)に大仏様の胎内に奉納させて頂きます。こちらからお申込みください。
cl.both

ドローン等の飛行禁止 

東大寺境内でドローン(無人飛行機)等を飛行させる事を禁止します。
cl.both
講演会・催事ほか 一覧ページへ