年中行事

初詣(はつもうで) 東大寺

初詣

1月1日 0時~8時
大仏殿

ポイント
中門の外、鏡池付近では「とんど」に火がつけられ(12月31日23時頃)暖を取ることができる。また、中門内側大仏殿参道両側の水路では篝火(かがりび)もたかれる。

東大寺大仏殿(元旦)

元旦の0時より大仏殿中門を開扉。1日の8時まで無料で参拝できる(元旦のみ)。

また、大仏殿正面の桟唐戸が開かれ、そこから大仏さまのお顔を参拝することができる。これは8月15日の万灯供養会の夜とこの日の、年2回だけ。中門の基壇上から見上げるとちょうど窓の中に大仏さまのお顔を拝むことができる。

東大寺上院二月堂

※年末から、二月堂の観音様への、鏡餅のお供えを受付

除夜の頃から周辺の石灯籠にも点火される(大仏殿参道鏡池南の常夜灯から二月堂周辺に至るまで約135基、この他電灯の入った灯籠もあり)。

元旦は0時より、本堂で観音経の読誦が行われる。
また、この時から3日間、二月堂内では万灯明を灯している。

ポイント
正月三が日は、万灯明料(1500円)とお鏡料(2000円)の受付があり、これを申し込むと1件に付き「坊雑券(ぼうぞうけん)」を1枚もらえる。
1月3日と5日の10時から、二月堂の本堂では「大般若(だいはんにゃ)」という法要が行われるが、この「坊雑券(ぼうぞうけん)」があると、法要の終了後(11時頃)、本堂北側の「北の茶所」でお雑煮をいただけます(13時半頃まで)。

▲ページトップに戻る