境内のご案内

東大寺トップページ > 参拝のご案内 > 俊乗堂

俊乗堂

俊乗堂(しゅんじょうどう)<

鐘楼の北側に元禄年間、公慶上人が重源上人の遺徳を讃えて「俊乗堂」を建立。堂内中央に国宝「重源上人坐像」が安置されている。俊乗房重源は、1121年(保安二年)京都に生まれ、父は紀季重。13歳で醍醐寺に入って密教を学び、1167年(仁安2年)入宋し、翌年帰国。1180年(治承4年)平重衡によって大仏殿が焼かれるなど、東大寺の多くの伽藍が焼失したが、翌年60歳を過ぎた彼が造東大寺の大勧進職に任ぜられ、10数年の歳月をかけて東大寺の再興を成し遂げた。再建に当って、大仏様(だいぶつよう)と呼ぶ宋風建築様式を取り入れ、再建の功により大和尚の号を受け、1206年(健永元年)86歳で入滅した。

7月5日の俊乗忌(有料)と、12月16日の良弁忌(有料)には参拝することができる(時間制限あり)。

お願い

堂内での撮影・スケッチ・懐中電灯の使用はご遠慮下さい。

▲ページトップに戻る