お知らせ一覧
山陵祭厳修 (5/3)
5月3日(金)8時半大仏殿を出発した式衆は、佐保山御陵にて山陵祭を厳修。11時より大仏殿において華厳茶会・供茶式(大仏殿内正面宝前で法要と献茶が行われますので、この間、正面宝前の法要席には立ち入ることができません。また、大仏殿内への参拝順路が変更されますので、ご了承下さい。)
聖武天皇御忌最勝十講・聖武天皇慶讃法要厳修 (5/2)
5月2日(木)8時から天皇殿において聖武天皇御忌最勝十講厳修・同日13時から公会堂より大仏殿へ向け練行列が出発し、大仏殿において聖武天皇慶讃法要厳修(大仏殿内正面宝前で法要・献茶・献花が行われますので、この間、正面宝前の法要席には立ち入ることができません。また、大仏殿内の参拝順路が変更されますので、ご了承下さい。)
花まつり千僧法要(4/26)
4月26日(金)13時より、大仏殿にて仏法興隆および世界平和を願い「花まつり千僧法要」が開催されます。各宗派の僧侶約500人が大仏殿で声を合わせます。中門を通って大仏殿へ向かいますので、中門手前の参道からもご見学いただけます。また、通常のご参拝と同様、大仏殿入堂料をお支払いいただくと大仏殿内での様子も見学していただけます。この法要の縁を、ぜひ結んで下さい。詳細は こちらをご覧ください。※一般参拝の募集は締め切られています
東大寺大仏殿音声ガイド導入について
東大寺大仏殿にて音声ガイド(イヤホンガイド)を導入しました。歴史を含む、東大寺の説明がお聴きいただけます。どうぞご利用ください。
言 語 :日本語(大人用・子供用)、英語、中国語
収録項目(時間):全17項目(約30分)
貸出場所:大仏殿中門(内側) ※入堂料をお支払いの上、貸出受付にてお申し込みください。
時 間 :9:30~17:00 ※天候・その他の事由により、休止または営業時間を変更する場合があります。
料 金 :500円(1台)
予 約 :不要 ※20名様以上の場合は事前に 03-5812-5147 までお電話ください。
また、大仏殿内での東大寺定点ガイド(無料)も従来通り対応しておりますので、そちらも是非ご利用ください。対応言語・対応曜日は以下の通りです。
日本語 英語 中国語 韓国語
水・土曜 火~木・土・日曜 水・木・土・日曜 木・日曜
修二会 御祈祷のご案内(H31.3.1~)
東大寺のお水取りは、天平時代に開山良弁僧正の高弟実忠和尚によって創始され、以来 1250 年を越えて一度も途絶えることなく続いてまいりました。法会の主旨は、二月堂の本尊十一面観音菩薩の前で、全ての罪過を懺悔し、世界の平和と生きとし生けるものの幸福を祈ることにあります。また、 修二会本行の期間中、練行衆が毎夜堂内でみなさま方のお名前を読み上げ、願いが叶えられるよう祈願します。一人でも多くの方がお申込みになられますようお待ち致しております。ご祈祷が終わり次第、お札をお送りいたします。
【修二会御祈祷のお申込みはこちら
【重要】 秘仏等の特別開扉 一部変更のお知らせ
2019年より、秘仏等の特別開扉の入堂料を改定いたします。2018年の諸堂入堂料改定以降も秘仏等の特別開扉は入堂料500円に据え置きしてまいりましたが、この度、2019年の俊乗忌(7/5)より600円に改定することになりました。また、2018年までは公慶堂を年2回、4/12と10/5に公開しておりましたが、2019年より年1回、10/5のみの公開へと変更させていただきます。なお、特別開扉の入堂料は、これまで全額を東日本大震災の義援金に充てておりましたが、この度の変更より諸堂の入堂料と同じ扱いにさせていただきます。義援金につきましては、東日本大震災の復興も現状では未だ道半ばであり、更にその後も、国の内外で甚大な被害をともなう自然災害が相次いでいる現状を鑑み、より有効な支援につながる方法を、東大寺では模索検討していく所存です。ご参拝の皆さまには何卒、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
東大寺東塔院跡発掘調査現地説明会の開催(11/11)
平成30年度 東大寺東塔院跡発掘調査について、発掘調査現場を公開する現地説明会を開催致します。詳細はこちらをご覧ください。
【お問い合わせ】東大寺境内史跡整備計画室  TEL 0742-22-5543
【現地説明会資料はこちら
万国天災人災物故者慰霊法要について
8月13日 19時~  大仏殿に於いて
※昨年より法要の名称を「東日本大震災および紀伊半島大水害物故者慰霊法要」から「万国天災人災物故者慰霊法要」へと改めました。東日本大震災以後も、国の内外で想像を超える規模の自然災害が次々に起こっています。今なお危険の渦中にある「平成30年7月豪雨」も起こり、多くの方が被災されました。そして人災。戦争が最も顕著な例ですが、事件・事故など人間の行いによる災禍も後を絶ちません。「乾坤相泰 動植咸栄」を旨とする当寺では、このことに鑑み、従来より修二会など大きな法会の願文で唱えてきた「天災人災に斃(たお)れたる万国の諸霊」などの文言に倣い名称を変更いたしました。不慮の災禍により亡くなられた方々のご冥福と、困難な状況からの一日も早い復興を、皆様とともに祈り続けてまいりたいと存じます。
大仏さま御身拭い(8/7)
大仏さまの御身拭いを厳修いたします。120人程度の僧侶や関係者が早朝より二月堂の湯屋で身を清め、白装束に藁草履姿で大仏殿に集合、7時より撥遣作法が行われた後、全員でお経を唱え、年に一度の大仏さまの「お身拭い」を始めます。なお、一般入堂時間は通常通り7:30~になりますのでご注意ください。詳細はこちらをご覧ください。
仏女新聞にて『東大寺と東北』展観覧報告が掲載されました
奈良県生駒市在住の中学三年生 飯島可琳さんがウェブ上で刊行している「仏女新聞」にて『東大寺と東北』展の観覧報告が掲載されました。この観覧報告では、展覧会で見たものの感想だけでなく、そこから見えてくる歴史的な背景、人物の思惑なども詳しく書かれており、“中学生”ならではの観点で展覧会を感じていただけたことが伺えます。新たな視点からみる『東大寺と東北』展もお楽しみいいただければと思います。「仏女新聞」はこちら をご覧ください。
聖武天皇祭 式衆・稚児行列中止のお知らせ (5/2)
5月2日(水)、聖武天皇祭にて13時より予定しておりました式衆・稚児による練り行列は雨天予報のため中止させていただくこととなりました。なお、聖武天皇御忌法要は通年通り、大仏殿にて厳修されます。
舞楽・慶讃能会場変更のお知らせ (5/2)
5月2日(水)、鏡池にて奉納予定をしておりました舞楽・慶讃能は雨天予報のため会場が変更になりました。
■場所:春日野国際フォーラム 甍内 能楽ホール ※能楽ホールへは鏡池前から公園地を抜けて約5分ほど
■時間:舞楽13:15~/慶讃能15:00~
入場無料・入退室自由ですので皆様お誘い合わせの上、ぜひご観覧ください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。
聖武天皇御忌最勝十講・聖武天皇慶讃法要厳修 (5/2)
5月2日 8時から天皇殿において聖武天皇御忌最勝十講厳修・同日13時から公会堂より大仏殿へ向け練行列が出発し、大仏殿において聖武天皇慶讃法要厳修(大仏殿内正面宝前で法要・献茶・献花が行われますので、この間、正面宝前の法要席には立ち入ることができません。また、大仏殿内への参拝順路が変更されますので、ご了承下さい。)
東回廊の施茶席は、改修工事中のため本年は中止とさせていただきます
仏法興隆 花まつり千僧法要 (4/26)
13時より、大仏殿にて仏法興隆および世界平和を願い「花まつり千僧法要」が開催されます。各宗派の僧侶約500人が大仏殿で声を合わせます。この法要の縁を、ぜひ結んで下さい。多くの皆さまがご参加下さいますようお願い申し上げます。
お水取り(3月12日)の交通規制について 
3月12日の「お松明」には毎年多くの方においでいただきますが、拝観出来る場所が限られていますので事故防止と安全確保のために入場規制と誘導を実施致します。また、東大寺周辺でも交通規制を実施致します。詳しくはこちらをご覧ください。
東日本大震災復興祈念特別展
"東大寺と東北 復興を支えた人々の祈り"(4/28~6/24)
4月28日から6月24日まで、宮城県多賀城市にある東北歴史博物館で東日本大震災復興祈念特別展「東大寺と東北 復興を支えた人々の祈り」を開催します。東北で東大寺の寺宝が一堂に会する初めての機会です。是非お越しください。詳細はこちらをご覧ください。
東大寺東塔院跡発掘調査現地説明会 (10/7)
平成29年度 東大寺東塔院跡発掘調査について、発掘調査現場を公開する現地説明会を開催致します
【詳細はこちら
【現地説明会資料はこちら
篠原ともえさんデザインのご朱印帳を発売
東大寺ではこの度、篠原ともえさんデザインのご朱印帳を発売しました。盧舎那仏(大仏)さまと鹿、修二会(お水取り)の際に練行衆(籠もりの僧)が造る「椿の造花」などのイラストが刺繍で施されています。大仏殿など寺内各所で販売します(2,000円)。どうぞお求めいただき、ご朱印帳と共に社寺をお参りください。

篠原ともえさんデザインのご朱印帳
特別公開『東大寺大仏縁起絵巻』 (8/1~9/30)
8月1日から9月30日までの期間『東大寺大仏縁起絵巻』上・中・下の三巻を順に東大寺ミュージアムで特別公開致します。この機会に是非お参りください。
詳細はこちら
主催:西日本旅客鉄道株式会社
後援:奈良市 協力:奈良市観光協会 特別協力:華厳宗大本山 東大寺
入堂料・入堂時間改定 ('30 1/1~)
平成30年(2018年)1月1日より大仏殿・法華堂(三月堂)・戒壇堂・東大寺ミュージアムの 入堂料・入堂時間を改定させていただきます。改定後の詳しい入堂料・入堂時間はこちら

▲ページトップに戻る