お知らせ一覧
平成30年 東大寺学講座 -知ることは楽しい-
平成23年に東大寺ミュージアムが開館されるのを記念し始められた、東大寺学講座は「東大寺」はもちろんのこと「奈良の歴史」や「仏教」を身近に感じもらう事を目的としております。聴講は無料となっておりますので奮ってご参加ください。

東大寺学講座No.3
修二会 御祈祷のご案内(H30.3.1~)
東大寺のお水取りは、天平時代に開山良弁僧正の高弟実忠和尚によって創始され、以来 1250 年を越えて一度も途絶えることなく続いてまいりました。法会の主旨は、二月堂の本尊十一面観音菩薩の前で、全ての罪過を懺悔し、世界の平和と生きとし生けるものの幸福を祈ることにあります。また、修二会本行の期間中、練行が毎夜堂内でみなさま方のお名前を読み上げ、願いが叶えられるよう祈願します。一人でも多くの方がお申込みになられますようお待ち致しております。ご祈祷が終わり次第、お札をお送りいたします。
【修二会御祈祷のお申込みはこちら
良弁忌厳修 (12/16)
東大寺初代別当である良弁(ろうべん)僧正の御忌「良弁忌」が厳修されます。年に1度12月16日のみ公開している開山堂「良弁僧正坐像」・法華堂「執金剛神立像」を拝観していただくことができます。また、俊乗堂「俊乗房重源上人坐像」「愛染明王坐像」もお参りいただけます。詳細はこちらをご覧ください。
第24回東大寺福祉事業団 こども作品展 チャリティー作品展(10/28~29)
日程:平成29年10月28日(土)~10月29日(日) 10時~16時
会場:東大寺大仏殿西回廊及び集会所
入場無料 ※但し、大仏殿に参拝される場合には別途入堂料が必要です
収益金はこども達のために充当します
第36回「現代仏教講演会」(10/28)
現代仏教講演会は“仏教に関わることで現代に通ずること”が一貫したテーマであり、 毎回ユニークな講師をお招きして好評をいただいております。今回の講師は、演題と 同名の著書で話題の人気植物学者、稲垣栄洋氏と、東大寺からも近い般若寺の向か いにある植村牧場の代表、黒瀬礼子氏にお願いいたしました。詳細はこちらをご覧ください。
特別企画 第4回 『東大寺・歴代管長に聞く~法燈を引き継ぐ~』(11/4)
狹川管長の就任を記念して行われているこの特別企画は、約1年ぶりの開催となり、今回は北河原長老と東大寺ミュージアムの湯山賢一館長との対談になります。講演会終了後には大仏殿の夜間参拝を予定しております。皆様のご参加を心よりお待ちしております。申込方法など詳細はこちらをご覧ください。
「奈良マラソン」開催による通行規制などについて(12/10)
「奈良マラソン」の開催に伴い、平成29年12月10日(日)午前8時30分頃から午後3時頃までの間、大宮通りから奈良公園にかけて交通規制が実施されます。規制中は車の通行ができず、ランナーが密集している時間帯は、徒歩での道路横断もできないため、最寄り駅などから東大寺までの、普段の経路が使えない可能性があります。また、午前9時20分過ぎから午前11時頃までは東大寺の境内の一部もコースになります。大仏殿などの参拝は通常通りできますが、参道の片側をコースに使用したり、大人数のランナーが通過する際には道路を横断できない場合もありますのでご注意ください。詳細については大会事務局(0742-81-8752 平日9:00ー17:00)もしくは、大会事務局の ホームページでご確認ください。
参拝者の方へご連絡(10/15)
平成29年10月15日(日)に大仏殿にて「大仏さま秋の祭り」を厳修します。
この関係で、当日は盧舎那仏(大仏さま)を真正面からお参りいただくことが出来ません(横からのお参りとなります) 誠に申し訳ありませんが、事前にご承知おきいただきますよう、お願い致します。
「第6回 こころの自由帳」作品展
今秋~来春にかけて、東大寺をはじめ奈良・鎌倉にて「第6回こころの自由帳」作品展が開催されます。本展は、東日本大震災被災地の小中学生の皆さんから、自由な表現方法でお寄せいただいた「今の気持ち」を、多くの皆様にご紹介し、応援メッセージなどでお互いの「こころ」を固く強く結んでいこうという活動です。子ども達の「こころ」に触れると共に、引き続き震災復興についてや、自身の防災にも関心を持つ契機となることを願っております。【詳細はこちら
【展示期間】
平成29年10月3日(火)~10月17日(火) 東大寺(大仏殿後堂)
平成29年11月1日(水)~12月1日(金) 鶴岡八幡宮(直会殿ほか)
平成30年1月5日(金)~1月14日(日)  奈良県立図書情報館2F エントランスホール
主催:鶴岡八幡宮槐の会 / 協力:鶴岡八幡宮・東大寺 / 後援:奈良県立図書情報館・奈良新聞社ほか
東大寺東塔院跡発掘調査現地説明会 (10/7)
平成29年度 東大寺東塔院跡発掘調査について、発掘調査現場を公開する現地説明会を開催致します
【詳細はこちら
【現地説明会資料はこちら
十七夜盆踊り中止のお知らせ
台風18号の接近につき、17日に予定しておりました東大寺二月堂 の十七夜盆踊りは、堂内での法要以外は全て中止とさせていただきます。楽しみにしていただいた皆さまには申し訳ありませんが、ご理解をお願い致します。
参拝者の方へご連絡 (9/1~2)
来る9月2日(土)に「第32回国民文化祭・なら2017」「第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会」のオープニング開会式が東大寺大仏殿にて開催されます。この会場設営のため、9月1日と2日の二日間、大仏殿の参拝導線を変更させていただきます。大仏殿内のご参拝は可能ですが、通常の参拝路である大仏殿前庭・八角燈籠のある正面参道にはお入りいただくことができません。参拝者等の皆様方には何かとご不便をお掛け致しますが、何卒ご協力の程お願い申し上げます。
万国天災人災物故者慰霊法要について
8月13日 19時~  大仏殿に於て
※法要の名称を「東日本大震災および紀伊半島大水害物故者慰霊法要」から「万国天災人災物故者慰霊法要」へと改めます。東日本大震災以後も、国の内外で想像を超える規模の自然災害が次々に起こっています。今なお危険の渦中にある九州北部豪雨も七月に起こり、多くの方が被災されました。そして人災。戦争が最も顕著な例ですが、事件・事故など人間の行いによる災禍も後を絶ちません。「乾坤相泰 動植咸栄」を旨とする当寺では、このことに鑑み、従来より修二会など大きな法会の願文で唱えてきた「天災人災に斃(たお)れたる万国の諸霊」などの文言に倣い名称を変更いたしました。不慮の災禍により亡くなられた方々のご冥福と、困難な状況からの一日も早い復興を、皆様とともに祈り続けてまいりたいと存じます。
篠原ともえさんデザインのご朱印帳を発売
東大寺ではこの度、篠原ともえさんデザインのご朱印帳を発売しました。盧舎那仏(大仏)さまと鹿、修二会(お水取り)の際に練行衆(籠もりの僧)が造る「椿の造花」などのイラストが刺繍で施されています。大仏殿など寺内各所で販売します(2,000円)。どうぞお求めいただき、ご朱印帳と共に社寺をお参りください。

篠原ともえさんデザインのご朱印帳
万灯供養会 (8/15)
東大寺大仏殿では、8月15日の夜、大仏さまにたくさんの灯籠をお供えして、万灯供養会を厳修致します。19時から22時までの間ご参拝いただけるので、参道などに並んだ約2500基の灯籠に灯が入った幻想的な雰囲気を味わっていただくことができます。また大仏殿正面の観相窓(かんそうまど)が開いて、大仏さまのお顔が灯火に浮かび上がるさまを参道から拝んでいただくこともできます。大仏殿の万灯供養会は、お盆に帰省できない方々にもせめて御先祖の供養をしていただけるようにという趣旨で、昭和60年から始められました。殿内では僧侶が『華厳経』を読誦して法要をいとなみ、祈願帳にしたがって皆様のお名前と願い事を読み上げるとともに、三界の諸霊の追善供養を行います。
特別公開『東大寺大仏縁起絵巻』 (8/1~9/30)
8月1日から9月30日までの期間『東大寺大仏縁起絵巻』上・中・下の三巻を順に東大寺ミュージアムで特別公開致します。この機会に是非お参りください。
詳細はこちら
主催:西日本旅客鉄道株式会社
後援:奈良市 協力:奈良市観光協会 特別協力:華厳宗大本山 東大寺
入堂料・入堂時間改定 ('30 1/1~)
平成30年(2018年)1月1日より大仏殿・法華堂(三月堂)・戒壇堂・東大寺ミュージアムの 入堂料・入堂時間を改定させていただきます。改定後の詳しい入堂料・入堂時間はこちら
仏法興隆 花まつり千僧法要 (4/26)
13時より、大仏殿にて仏法興隆および世界平和を願い「花まつり千僧法要」が開催されます。各宗派の僧侶約500人が大仏殿で声を合わせます。この法要の縁を、ぜひ結んで下さい。多くの皆さまがご参加下さいますようお願い申し上げます。
創作狂言「大仏くらべ」奉納公演開催 (6/3)
若草山を借景に、東大寺本坊大広間で行われます。昨秋襲名したばかりの十四世・茂山千五郎氏を主演に迎えての奉納公演。狂言終演後はお茶席の接待もございます。定員は午前・午後の各100名。
申し込み方法ほか詳細はこちら
聖武天皇御忌最勝十講・聖武天皇慶讃法要厳修 (5/2)
5月2日 8時から天皇殿において聖武天皇御忌最勝十講厳修・同日13時から公会堂より大仏殿へ向け練行列が出発し、大仏殿において聖武天皇慶讃法要厳修(大仏殿内正面宝前で法要・献茶・献花が行われますので、この間、正面宝前の法要席には立ち入ることができません。また、大仏殿内への参拝順路が変更されますので、ご了承下さい。)
東回廊の施茶席は、改修工事中のため本年は中止とさせていただきます

▲ページトップに戻る